Profile

【河野文彦プロフィール】

fumihiko-kono 1983年東京生まれ。
ロックの影響を受けギターを始め、22歳の時にジャンゴ・ラインハルトに衝撃を受け、Jazz Manouche(gypsy jazz、gypsy swingとも呼ばれる)の道を歩み始める。

2007年、2008年渡仏。パリ市内のカフェ、ライブハウスや、サモアで開催されるジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルでセッションを重ねる。

2009年、深澤芳美&キャロライナシャウトのメンバーとしてアメリカ、インディアナ州のElkhart Jazz Festivalに出演。Bucky Pizzarelli、Howard Aldenのステージにも招かれ飛び入り演奏する。

2012年、1月~3月放送のドラマ「孤独のグルメ」のサウンド・トラックに参加。
2012年、7月「1st Album ‘F’ -エフ-」リリース。

2016年、1月オランダ「Django Amsterdam」にTokyo Django Collectiveで出演。
2016年、7月スコットランド「Edinburgh Jazz Festival」にTokyo Django Collectiveで出演。
2016年、8月「ジャンゴ東京フェスティバル」にTokyo Django Collectiveで出演。

2017年、8月「ジャンゴ東京フェスティバル」にAdrien Moignard(france)and Tokyo Django Collectiveで出演。
2017年、8月にAdrien Moignard(france)and Tokyo Django Collectiveにて大阪・広島ツアーを敢行。
2017年、フランス人ギタリストAdrien Moignardとレコーディング。『Manouche World-class Meeting vol.1』を12月にリリース。

2018年、10月「ジャンゴ東京フェスティバル」にAdrien Moignard(france)and Tokyo Django Collectiveで出演。
2018年、10月Adrien Moignard(france)and Tokyo Django Collectiveにて博多・熊本ツアーを敢行。

世田谷音楽院ギター科、ウクレレ科講師。


Born in 1983, Fumihiko Kono started playing the guitar when he was 12 years old.

He started playing the guitar with rock music, but after graduating high school, he drawn into jazz , especially ealy cllasic jazz.

In ’09, he joined Elkhart Jazz Festival as a member of Yoshimi Fukasawa & Carolina Shout. And he had honor of playing with Bucky Pizzarelli & Howard Alden.
In ’07 and ’08, he went to France and get a great influence from musicians in Paris and Festival Django Reinhardt Samois.

2012, he made his first Album「F」. It’s consist of 5 original compositions and 2 great standards.In this album, he tried to mix his own style and tradition of jazz manouche.

【所有ギター】
「Henri Selmer Paris 1946製 #626」

他のマカフェリタイプのギターはこちら

Works


【ラジオ】
2012/07/09  JFN「ONCE」
2012/07/20  東京FM「blueocean」
2012/07/18〜08/15 JJazz.Net AIRPORT – ジューサ INTERVIEW

【雑誌】2012 「アコースティック・ギター・マガジンvol.54」インタビュー&音源(楽譜付き)収録

ようこそ!
MENU